太陽光発電と原子力発電の比較

火力発電の場合には、燃焼に伴い、温室効果ガスが発生して、それが地球温暖化につながっている、という話をしました。
一方、太陽光発電システムの場合には、温室効果ガスを発生させることもありません。
では、原子力発電との比較ではどうでしょうか。
原子力発電の場合、発電において、二酸化炭素を発生することはありません。
そういった意味では、クリーンな発電方法といえるかもしれません。
また、原子力発電は、火力発電と比較して、発電コストが割安となっております。
原子力発電の場合には、廃棄物の中から、燃料を取り出して再利用する、というシステムもあります。
これを、「核燃料リサイクル」といいます。
こうすることによって、無限ループのように、少ないコストで発電をすることができる、というのが、青写真でした。
しかし、その様相が一変したのは、2011年でした。
2011年3月11日に発生したのが、東日本大震災でした。
地震に伴う津波は、福島県にあった沿岸の原子力発電所に襲い掛かりました。
それによって発電所は破損をして、その結果、大気中に大量の放射性物質が撒き散らされるという、未曾有の災害が発生したのです。
これによって、原子力発電の問題が一気に噴出しました。
飛散した放射性物質は、農業や漁業に大きな影響をもたらしました。
産業だけではなく、付近住民の生活にも、大きな影響を与えたのです。
原子力発電所は安価な発電といわれてきましたが、実はその維持運営には大きなコストがかかります。
リスクがある上に、必ずしも低コストとは言えない原子力発電所は、間違いなく岐路に立たされています。
そうなると注目なのが、太陽光発電です。
太陽光発電は、決して放射性物質を飛散させるようなことはしません。
たとえ太陽光発電のパネルが壊れても、そこから何かよからぬものが飛散するということはありません。
今はコストも高いですが、普及が進んでいけば、どんどん大量生産も可能になり、どんどん低コストになります。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>