システムのメリットとは

太陽光発電システムを導入すると、様々なメリットがあります。
今回は、そのメリットを紹介して行きます。
まずは、環境面でのメリットです。
現在、日本における発電方式というのは、火力発電が最も多くなっております。
それについで、原子力発電や水力発電といったものがあります。
火力発電というのは、天然ガスなどを燃やして、その熱を利用して発電をすると言うものです。
ということは、発電に伴い、天然ガスが必要ということになります。
天然ガスは、日本には余りありませんので、そうなると、輸入をするということになります。
輸入をすると、それだけ高コストとなってしまい、そのコストは、われわれの電気料金に上乗せされてしまいます。
また、火力発電をする際には、天然ガスを燃やします。
燃やすというプロセスにおいて、発生してしまうのが二酸化炭素です。
二酸化炭素というのは、そのまま空気中に行ってしまうと、層を形成します。
その層は、熱が大気中に放出されるのを防ぎ、中へとどめておくという役割をしています。
これを「温室効果」といい、このような効果のあるガスのことを「温室効果ガス」と言います。
温室効果ガスが多く発生すると、その分地球は暖かくなってしまいます。
暖かくなるということは、一見すると、着るものが少なくなって暖房費が節約できる、と考えるかもしれません。
しかし、北極や南極には、氷がたくさんあります。
地球温暖化によって、その氷がどんどん溶けているのです。
溶けた氷は海水となります。
その結果、海面が上昇して、すでに水没の危機にある島というのも、数多くあります。
海面の上昇以外にも、生態系を変化させてしまうなど、あまりよくないことがあります。
その点、太陽光発電システムの場合は、温室効果ガスを一切発生させません。
もちろん、太陽光発電システムを導入したからと言って、生態系を崩壊させることもありません。
ですので、地球温暖化を食い止めるツールとしても有効なのです。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>