TOP

熊本で太陽光発電をする場合の地域ごとの考え方

ご当地キャラクターが人気で、全国的に知名度が上がっている熊本ですが、県外の人は同じ県内でも大きく気候が違って、色々な顔を持っているということを、知らない人も多いでしょう。
ですから、温暖で気温も高く強い日光が期待できるからと思って、太陽光発電を検討する場合でも、地域ごとで考えたいものです。
例えば、熊本地方の場合、夏に雨が多いですが反対にこの時期に集中しますし、冬は寒くなるものの、雪は少ないのでトータルで考えるとエネルギーを作り出す上で、大きな問題は無さそうです。
次に阿蘇地方ですが、ここは雨も多く、雪もよく降る地域ですが反対にオール電化にすることを併用して太陽光発電で少しでもエネルギーコストを下げて寒い冬を乗り切るという考え方をしても、いいでしょう。
そう考えると、システムが有効に働く場所だといえるでしょう。
他のも天草や芦北がありますが、ここは季節による気温の高低差が少ないという特徴がありますし、年間の降水量も少ないので、最も向いている場所だといえるでしょう。
温度差によるソーラーパネルへの負担もなく、日照時間も長いわけですからね。
皆様がこの県に持っているイメージは、このエリアかもしれませんね。
迷わずに設置してその恩恵を受けるべきでしょう。
そして球磨地方ですがこちらは天草や芦北とは反対で、寒暖の差が大きくて、降水量も多いです。
このように、同じ県でありながら機構という概念では様々な特徴があるので、それを鑑みて考えたいですよね。

Read More