TOP

太陽光発電に適した阿蘇市

熊本県は国内でも最も太陽光発電が普及している県の一つです。
その中でも阿蘇市は太陽光発電を導入するのに最適な地域です。
阿蘇市は熊本県東北部にあり、有名な阿蘇山の麓にある地域ですが、この地域の特徴は高地性内陸型の気候で、九州の中でも比較的涼しい地域であることです。
年間の平均気温は11度。
夏でも最高気温が35度を超えるような猛暑日はほとんどありません。
このような涼しい気候というのは、実は発電効率がとてもよくなるために太陽光発電に最適なのです。
発電効率というのは、気温に大きく左右され、暑いよりも寒いほうが、発電効率は高くなります。
太陽光モジュールに太陽が照りつけると、かなりの温度に上昇してしまいます。
真夏だと50度を超えてしまう日も少なくありません。
しかし、発電効率が最も良くなる太陽光モジュールの温度は25度なのです。
このような発電効率と温度の関係から、年間通して比較的涼しい阿蘇市は太陽光を利用した発電に適しているというわけですね。