TOP

熊本の季節と太陽光発電

熊本という地域ですが、実はかなり四季が豊かな地域になっているのです。
暖かい地域という印象があることも確かなのですが、
それほど単純なものでもないというわけなのです。
比較的に難しい存在になっていますので、特にチェックしていくべきではないでしょうか。
そこでその熊本という地域なのですが、夏はものすごく暑いです。
しかし、冬によりましては雪などが振りましたり、つもったりするようなことまであるのです。
かなり気候的には複雑な存在になっているのです。
ではその熊本なのですが、太陽光発電をする方もいるでしょう。
そういった時に気になってくるのが、
その気候が太陽光発電に与えるような影響というものです。
いったいどれほどのものになっているのかを確認してみると良いのではないでしょうか。
実は太陽光発電なのですが、高温に弱いということはあまり知られていません。
弱いといいましても、太陽電池モジュールが壊れてしまうというわけではありません。
そういった内容ではなく、
基本的に発電量が大きな減少をしてしまう可能性があるのです。
太陽光発電ですが、
外気温が1度上がると発電効率が約0.5パーセント低下するといわれています。
逆に、外気温が1度下がると0.5パーセント発電効率が良くなるといわれているのです。
以上のような関係性になっていますので、
夏などはあまり期待できないケースもあります。
逆に冬が寒い地域ではしっかりとした発電も期待できるというわけです。
熊本の冬は寒いこともありますので、
そういった事ではかなりのプラスになるかもしれません。