TOP

太陽光発電で失敗しないためにはメリットデメリットを良く知ること。

最近太陽光や風力といった再生エネルギーに脚光が集まっています。
原子力は二酸化炭素を排出しないエネルギーとして地球環境を守るエネルギーとして各国はその推進に動いてきましたが福島の原発事故によっていったん暴走すると制御が利かない危険なものとの認識が一気に広がってしまいました。
その点で太陽光は太陽の光を電気エネルギーに変換するもので尚且つ無尽蔵のエネルギーです。
しかしその太陽光発電を設置するに際して失敗しないためにはそのメリットだけでなくデメリットも知っておく必要があります。
メリットしては太陽の光を電気エネルギーに変えるため無尽蔵に発電ができます。
それは同時にデメリットでもありますが、
太陽光の無い夜は発電できません。
そして自宅でも発電できるので使い勝手がいいものです。
自宅の屋根に太陽光パネルを設置すれば即発電します。
個人でも手が出やすい発電方法です。
そして二酸化炭素を発しないクリーンなエネルギーです。
また最近では補助金も充実していて、
国はもちろん都道府県や市町村も補助金があります。
個人が設置し易くなっています。
一方デメリットは太陽光発電はパネルの汚れに関しては弱点を持っているのです。
よく掃除をしておかないと発電効率が悪くなってきます。
そして太陽パネルの材質はシリコンからできていますが、
高温に弱いと言うことです。
結晶シリコンは高温になると逆に発電効率が悪くなってしまいます。
このようにメリットデメリットを良く考えて失敗しないようにしなければなりません。